断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話

台湾人の友人と「好きな時に好きな場所で笑ってご飯を食べたい」と思いスタートした、世界を旅するライフスタイルも5年目。 国内外の会社経営をしながら、一年のほとんどを海外で旅しています。

世界釣行記 タイのホアヒンで幻のパーカーホを釣る。【釣り方・場所と行き方まとめ 釣り堀】

f:id:permanentbp:20180302192456j:plain

ぶらり世界釣行記

先日、タイの友人と首都バンコクから約200kmほど離れたホアヒンというリゾート地で釣りに行って来ました。

バンコク近辺のリゾート地と言えばパタヤが有名ですが、ホアヒンは外国人向けのガヤガヤした夜遊びの町とは相対でタイ国王の避暑地がある優雅でのんびりとしたリゾート地です。

f:id:permanentbp:20180228183531j:plain

例えばカオタウビーチ何かはパタヤビーチとは比べものにならないくらい青く静かで、避暑地で訪れたら最高な場所です。

そんなタイの中心地から離れたホアヒンで、今回は新たな魚種パーカーホという魚を狙います。

今まで国内外で珍しい魚を釣り歩いて来ましたが、最近釣った中で一番珍しかったアカメを超えるアジアで幻と言われている魚です。

  


パーカーホは、以前釣り上げたピラルクと同じで最大300cm、300kgになる世界最大級の大型魚になります。
 
世界中に分布している鯉と同じで環境に敏感な魚ではないそうですが、繁殖可能になるまで7年かかるそうで食用に乱獲された結果、今では自然の個体は年間に一桁しか見つからないと言われているとても貴重な魚になっています。

 

今回訪れたホアヒンの釣り場はこちら

そんなパーカーホを狙って今回訪れた釣り場は、2003年から営業を続けている老舗のHua Hin Fishing Lodge
イギリス人がオーナーで、現在1億円ほどでビジネスセールにかけられています。タイに永住したい釣り好きには最高のチャンスかもしれません。

とても気になる釣れる魚は、パーカーホの他にもレッドテールキャットフィッシュ、ピラルク、アリゲーターガー、メコンオオナマズ、ナイフフィッシュ等、タイの中でも最も多い種類の魚が入っています。

 

どちらの池を選ぶ??

この施設には池が二つあって、それぞれ釣れる魚が異なります。
大まかに分けると、一つが現地の魚が入っている池でもう一つがピラルクなどのアマゾン原産の大型肉食魚が入っている池です。

f:id:permanentbp:20180302191453p:plain
  
両方の池を狙う場合は1,900THB(約6,650円)で、タイ原産の魚だけを狙う場合は800THB(2,800円)になります。

どちらを選んでもいいのですが一つだけ注意点があって、大型肉食魚用に売られている餌は『冷凍の小アジ』です。淡水の魚に冷凍の小アジなので釣れる可能性はかなり低いです。

 

釣りを開始!

椅子を並べて、コーラとソーダを買ってのんびり釣り開始です。ホアヒンは避暑地と言うだけあって緑に囲まれてとても気持ちいいです。

f:id:permanentbp:20180302192608j:plain

釣り糸を垂れること一投目。ウキがみるみる湖底に引きずり込まれます。

そこですかさず合わせると、、!

f:id:permanentbp:20180228185936j:plain

まずは小型のメコンオオナマズを釣りました!この魚はその後もずっと釣れ続けて腕が筋肉痛に。

目的ではない魚ばかり釣っていても仕方ないのでウキを外してパーカーホを狙っていきます。
そうして、ゴツン!と来た違ったアタリにすかさず合わせて巻き上げます。

 

f:id:permanentbp:20180228185716j:plain

日本では観賞魚として人気のあるレッドテールキャットフィッシュ。赤い尾びれが綺麗ですがもっと人気なのが青くてクリッとした愛嬌のある黒い目です。

そして、、、

 

待ちに待ってついに来たのがこのパーカーホ!!

f:id:permanentbp:20180302195635j:plain

水族館でしか見たことのない魚が釣れたことに興奮を隠し切れなかったです。やっぱり釣りは最高に面白い!

 

パーカーホの釣り方

ヘラブナのように餌を息を吸って吐くように食べるので、アタリを見て来ているのが分かっていても合わせの難易度が高かったです。

吸い込んだタイミングというのはどうしても分からないので、軽く竿先で合わせて重みを感じたら中合わせするイメージで針にかけることが出来ました。

 

まとめ

無事に目的のパーカーホを釣り上げた旅路。
新しい土地に行く度に英語で釣り記事を探して釣りに出かけてしまうのは、釣り人の性なのかもしれません。
これからも世界をめぐる旅はまだまだ続きますのでまた記事にして紹介していきます。
 

f:id:permanentbp:20180228185729j:plain

 

場所・行き方まとめ

Huahin Fishing Lodge

営業時間: 9:00-18:30
住所: Hua Hin Fishing Lodge, 115 Moo 10, Soi Wat NikoTaram, Hin Lek Fai, HUA HIN, Prachuab Khiri Khan, 77110 THAILAND
住所(タイ語): 115 หมู่ 10, ซอยวัดนิคมอุตสาหกรรม, หินเหล็กไฟ, ห้วยหิน, ประจวบคีรีขันธ์, 77110 THAILAND
ホアヒンの中心地から車で約20本ほどで到着します。レンタカー・タクシーで移動出来ます。

 

予算と実際かかった料金

両方の池を狙う場合は、1,900THB(約6,650円)でタイ原産の魚だけを狙う場合は800THB(2,800円)になります。

f:id:permanentbp:20180228185727j:plain

レンタルタックル代はパッケージに含まれていますが、餌代が別途80THB(280円)かかります。

 

この記事を書いている人

一年のほとんどを海外で旅しながら仕事をしているJUMPEIといいます。
会社員を辞めて、念願の「好きな時に好きな場所で笑って仲間とご飯を食べる生活」を世界中で送っています*

断捨離で人生を変えたわたしのストーリーはコチラ 

 

どうやって5年も旅をしながら仕事を作っているの?

旅を仕事にする【はじまりの手紙】を4年間かけて書き上げました!

満足度100%のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

上手くいかなかった時期からいまの海外ノマド生活が出来るようになるまで、これから旅を仕事にしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
節約をしながらお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです^^


Facebookフォローはコチラよりお気軽にどうぞ!

 

あなたへのオススメ記事です

 

旅を仕事にするにはどんな仕事を選んだらいいの?

『みんな最初から間違える』旅をしながら出来る仕事の選び方という特別コンテンツを、メールマガジンに登録していただいた方にプレゼントさせていただいています。

国内外1500名以上の方にお読みいただいている満足度100%のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録


Facebookフォローはコチラよりお気軽にどうぞ!

  

今日があなたにとって生きていてよかったと思える素敵な一日でありますように。

神谷純平