断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話

台湾人の友人と「好きな時に好きな場所で笑ってご飯を食べたい」と思いスタートした、世界を旅するライフスタイルも5年目。 国内外の会社経営をしながら、一年のほとんどを海外で旅しています。

カンボジア・シェムリアップに郵便局留めでEMSを送る【住所・郵便番号まとめ】

f:id:permanentbp:20171022175034j:plain

シェムリアップに釣具屋さんをオープンします!


お久しぶりです。神谷純平です。

アンコールワットの町シェムリアップに来て、いつものように釣りをしようと思ったもの、いまいち良い釣具屋さんが無くてどうしようかと思っていたのですが、「無ければ作れば良いか」という結論に至り、ワークパーミットを取得してお店の準備をしています。
 
普通の釣具屋さんをやっても面白くないので、「アンコールワットに来たけど、やっぱり海外で見たことのない魚を釣ってみたい外国人」に向けて、旅に特化した機内持ち込みが出来るタックルの販売を行うつもりです。

『小規模でお洒落で必要なものだけ』でやろうと思っているのですが、
聞くところによるとカンボジアでは、女子中学生が学校の帰りに、三人で並んでお喋りをしながら川辺で釣りをしているらしい。

女学生が釣り具を買いに来たら日本人的には衝撃的ですが、現地カップルが来れるお店になったらいいですよね。

 

釣り具を海外から仕入れるには。

海外での仕入れや製造は専門分野の一つなので、釣り具は世界中のあらゆる国から引っ張って来れるのですが、一つ気になるのが物流。

カンボジアは、アジアの中では最もと言っていいほど物流コストが高いです。

なので、いくらで販売できるかはこれから需要を見ながらというところですが、まずはEMSで少量送ってみる予定です。

 

シェムリアップにEMSを送る。

最近アンコールワットの町に友人同士で集まれる秘密基地として部屋を確保したので、そこに送って貰おうと郵便番号を聞きに郵便局に行って来ました!

f:id:permanentbp:20171022180935j:plain

シェムリアップの郵便局の窓口にて。

『すいません、ここの郵便番号を聞きたいのですが』

『ここの郵便番号は分かりませんが、シェムリアップだと17000で着きますよ〜』

『分かりました!』

『でも、郵便局留めだと確実なのでそちらをお勧めしてます』

何やらシェムリアップは住所やホテル名を書いても郵便局で結局止まってしまうので、郵便局留めがお勧めだということ。
そこで、郵便局の住所を紙に書いてもらったのがこれです。
 

f:id:permanentbp:20171022181540j:plain

『むむむ、住所が見当たらない』と気になるところですが、今まで実際にこれで届いてるようです。
でも、これはシェムリアップで受け取る時は良くても、他の国で差し出し時に住所が無いと送れない場合がありそう。

そこで他の職員さんに聞いてみたのですが、皆んな『I don't know』と言います。
カンボジアに限らずフィリピンでも住所が『〜地区』だけだったりするので、そういうものかなと思って帰宅。

しようと外に出て郵便局の看板を見たら、、

f:id:permanentbp:20171022184713j:plain

この17252は郵便番号で左の文字は住所な気がしたのです。

戻って写真を見せると、『これは住所だよ』とのこと。相変わらずのアジアのゆるい感じで無事に住所を知ることが出来ました。

f:id:permanentbp:20171022182215j:plain

郵便番号が間違えているので、改めてまとめますと以下の書き方で郵便局留めが出来ます。

Name:
Tel:088-8711-807, Mobile number(自分の電話番号)
To: SiemReap Post Office 
Pokambor Road, Svay Dangkom commune, SiemReap city, SiemReap Province, Cambodia 17252


まとめ

旅の最中オンラインで検索して出なかった情報は、これからも備忘録としてまとめて行きます。
アンコールナイトマーケットに11月オープン予定の釣具屋さんもどうぞよろしくお願います!

f:id:permanentbp:20171022183116j:plain

この記事を書いているひと

一年のほとんどを海外で旅しながら仕事をしているJUMPEIといいます。
会社員を辞めて、念願の「好きな時に好きな場所で笑って仲間とご飯を食べる生活」を世界中で送っています*

断捨離で人生を変えたわたしのストーリーはコチラ 

 

どうやって3年間も旅をしながら仕事を作っているの?

旅を仕事にする【はじまりの手紙】を3年間かけて書き上げました!

満足度100%のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

上手くいかなかった時期からいまの海外ノマド生活が出来るようになるまで、これから旅を仕事にしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
節約をしながらお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです^^


Facebookフォローはコチラよりお気軽にどうぞ!

 

あなたへのオススメ記事です 

  

今日があなたにとって生きていてよかったと思える素敵な一日でありますように。

神谷純平