断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話

台湾人の友人と「好きな時に好きな場所で笑ってご飯を食べたい」と思いスタートした、世界を旅するライフスタイルも5年目。 国内外の会社経営をしながら、一年のほとんどを海外で旅しています。

【コラム】日本の中だけでも常識は何種類もあることを百戦錬磨の美容師さんから学んだ話。

f:id:permanentbp:20170516002916j:plain


 
ゴゴゴッ ゴゴゴッ

ゴゴゴッ ドゥドゥドゥドットゥ

オレンジのゼッケンを着たバイクタクシーの
お兄ちゃんのバイク音が通り過ぎる。

都会なのに少し泥くさい。
そんな道を、
農薬会社で働いている中国の友だちと
レストランへ向かって歩いたりして

今日も好きなときに好きな場所で笑ってご飯を食べるライフスタイルを続けています。

ザー菜麺の美味しいお店に連れて行ったら、
中国から来て初めてザー菜を見た!
って言ってくれて
すごく喜んでくれました。

【タイのザー菜麺】


世界中どこにいても、
こうやって
ただ笑ってご飯を食べることができること。

そのために出来ることのヒントを今日も少し、

お話ししていきます。

********************************************************
”ビジネスで大切なことはいつも美容師さんが
教えてくれた。
********************************************************

日本に帰ってやることの一つに、

髪を切りに行くというルーチンがあります。


これが結構好きで、その理由は、

行くと行く前よりも必ず状態が良くなるからです。 

 

この、何かをすれば必ず良くなるというのが

わたしは凄く好きで、

旅も仕事もその中の一つです。

 

でも、この大好きな美容院も、

学生時代は

実はあまり好きではありませんでした。

 

その理由は、

全く思い通りにいかなかったからです。

  

ホットペッパーを見て行っていたのですが、

 

・骨格に合わせたカット

・くせ毛似合わせカット

・髪を濡らさないドライカット

 

と、キャッチフレーズを掲げているお店に

色々と通っても思い通りにいかないんです。 

 

そんな私が美容院で何をしたかったというと

"前髪を上げたかっただけ"なのですが

それがプロの手にかかっても上手くいきません。

 

よく言われるのが

「前髪上げるには全体的に髪を短くして上げないといけないので〜」です。

 

神谷

「髪は全体的にショートにしたいわけではないんですよ」

  

でも実際に外国人はミディアムでも髪を上げてますし、芸能人も少し長めでも髪を上げていますよね。

 

おかしいなあ〜絶対に出来るはずなのに。

と、ずっと思っていました。 

 

いまの今になって思うこれが出来ない理由は、

ずばりこれなんだと思います。

  

それは「出来ないと思っている。もしくは、

したことがないから」です。

 

そしてこのジレンマを突破する方法は、

実際にできている人を探すこと。

 

今は尊敬させていただいている夫婦の紹介で

福岡の某美容院で髪をカットして

貰っているのですが、

思い通りを越えるという境地にいます。

 

ミディアムなのに前髪を上げることが出来て

まさにテレビで見るような感じです。

 

福岡にしては少し高くて6,000円ほどするの

ですが、これは美容師さんの経験と技術代で

私は凄く価値を感じています。

 

※ちなみに今まで美容院で一番高かったのは、

香港でカットをした12200円です。

 

今の美容師さんが今の自分にとって

世界をめぐるプライベートでも仕事上でも、

最大でベストな選択肢です。

 

仕事も旅も髪型もお金と対価交換にこだわらず自分が好きな人とやっていくといいと私は考えています。

 

一つずつ自分の想っていることを現実と合わせ続けていくと、いずれ想いと景色が重なるようになります。

 

そうするとそれが新しい自分の常識として、

今後の人生にインストールされます。

 

世界を旅していて思うのは、この世の中にはルールはあっても常識なんて存在しないということ。

 

だから自分の生きやすいように生きればいい。

生きにくかったら捨てて新しいものを掴めばいい。

 

人生は一度なんだから満足がいくまで好きなことをやり続けていくといい。

 

そうすると悔しいことはあっても後悔はしないから。

 

一つ一つ自分が在りたい当たり前になればいい。

 

もっともっとみんな幸せになればいいと心から願っています。

 

というわけで、今日がこのブログを読んでくださっているあなたにとって素敵な1日になりますように!

バンコクより想いを込めて。 

 

神谷純平

 

 

この記事を書いているひと

一年のほとんどを海外で旅しながら仕事をしているJUMPEIといいます。
会社員を辞めて、念願の「好きな時に好きな場所で笑って仲間とご飯を食べる生活」を世界中で送っています*

断捨離で人生を変えたわたしのストーリーはコチラ 

 

どうやって3年間も旅をしながら仕事を作っているの?

旅を仕事にする【はじまりの手紙】を3年間かけて書き上げました!

満足度100%のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

上手くいかなかった時期からいまの海外ノマド生活が出来るようになるまで、これから旅を仕事にしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
節約をしながらお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです^^


Facebookフォローはコチラよりお気軽にどうぞ!

 

あなたへのオススメ記事です 

  

今日があなたにとって生きていてよかったと思える素敵な一日でありますように。

神谷純平