読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話

「好きな時に好きな場所で笑ってご飯を食べる生活」をテーマに1年のほとんどを海外で旅しています。カバン一つで世界を回る旅人、世界中で仕事を作るよ。夏が好きすぎてだいたい南国生活。

【ヴァンヴィエンの秘密基地】ブルーラグーンを超える隠れた観光スポット 絶景・ゆめの町バンビエンを巡る

ラオス ヴァンヴィエン 海外情報 海外レンタルバイク

f:id:permanentbp:20170125151249j:plain

 

秘境バンビエンを開拓する旅

家を持たずに旅をしてあっという間に4年目に入ってしまったわけですが、ヨーロッパにも行ってアジア圏もじっくり時間をかけて回って、それで最後の楽園としてたどり着いたのがここ。ラオスのヴァンヴィエンです。
 


バックパッカーの東南アジア周遊といえば、タイのカオサンロードに入ってからのベトナム、カンボジアという流れが一般的で、ラオスは興味ごごろが抑えきれない人が最後の選択肢として行く場所だと思うのですが、はっきり言ってシェムリアップに行って沈没してそのまま旅を終えるなんてのは少し羨ましいですがもったいないです。

この記事をきっかけに30日間のビザを手に、じっくりラオスを楽しむひとが出てきたら....!と思うのですが、よく旅人の友人に言われるのが、『でもラオスってやることないですよね?じゅんぺいさん1日なにやってるんですか?』です。


という訳で今日は、実はやることが多すぎて時間が足りないヴァンヴィエン編をお送りします!

 

ヴァンヴィエンはブルーラグーンが有名

ここヴァンヴィエンに来たら是非行って欲しいのが、ブルーラグーンという真夏の水遊びスポットです。ここ4年で道路が舗装されたので、レンタルバイクで行っても安全になりました。

f:id:permanentbp:20170125151224j:plain


なにやらヴァヴィエンのブルーラグーンは韓国でテレビに出たことによって韓国人に有名らしく、韓国人ばかりいます。

f:id:permanentbp:20170125151137j:plain

首都ビエンチャンから山道を4時間かけないと行けないのに、この旅先としての浸透度に驚きです。日本人でもこんな場所はあるのでしょうか。

 

f:id:permanentbp:20170125151310j:plain

そんなヴァンヴィエンのブルーラグーン。この辺りにツアーでは行けない隠れたアクティビティが幾つもあるので、まずはツアーに申し込まずにここまで自力でバイクで来るというのが、絶対的前置きになる今日のお話です。韓国人どころがまだ欧米人にも知られていない面白いスポットが秘密基地のようにあります。

 

ヴァンヴィエンの秘密基地への行き方

まずはレンタルバイクでブルーラグーンを目指します。ブルーラグーンはバイク屋さんで地図がもらえるのでその地図を参考にしてください。
※レンタルバイクは1日60,000キープ(約830円)、24時間80,000キープ(約1100円)です。パスポートのデポジットが必要なのでお忘れなく。

f:id:permanentbp:20170125151413j:plain

360度開かれているこの途中の景色もかなり綺麗で、旅人はよくバイクを降りて撮影会をしています。そして、ずっと進むと見えてくるのがこの看板です。

f:id:permanentbp:20170125151138j:plain

ブルーラグーンはここの分岐点を右に行けば辿り着けるのですが、秘密基地に行くにはここを左折して、ひたすら前に進む必要があります。そして右手に見えるのがこのNomxay Top Viewです。入場料は10,000キープ。

f:id:permanentbp:20170125151248j:plain

ここでお金の支払いをして、いざ山登りです。もしここで水のペットボトルが売っていたら迷わず購入しておくとベター。なぜなら.....

f:id:permanentbp:20170125151424j:plain

ここからの道のりがなかなか過酷だからです。最初の方はこのような感じで綺麗な道なのですが、

f:id:permanentbp:20170125151230j:plain

これも最初の5分だけで、ここから先は結構本気のトレッキングコースです。いえす!!

f:id:permanentbp:20170125151432j:plain

最後の方はもう崖でしかないので、サンダルでも行けますが靴を履いてのんびり休憩をしながら登るといいと思います!

f:id:permanentbp:20170125151131j:plain

ゆっくり歩いて約20分。ここから見渡せる景色がシェムリアップのプリアヴィヘアを越えて来ます。

f:id:permanentbp:20170125151350j:plain

足元がすくみふわっと浮くような感覚の山頂から見えるライステラス。
そう、シェムリアップのプリアヴィヘアとバリ島のライステラスのいいとこ取りをしたのがここヴァンヴィエンの秘密基地です。

f:id:permanentbp:20170125151105j:plain

これだけでなく、ヴァンヴィエンにはまだ知られていない観光スポットが多く眠っています。ご飯も美味しく人も優しい、ラオスの山中にある町ヴァンヴィエン。ぜひもっと日本人に知って欲しいです。と、まるでヴァンヴィエンの観光大使みたいなことをしていますが、今一番のオススメです!

  

この記事を書いているひと

一年のほとんどを海外で旅しながら仕事をしているJUMPEIといいます。
会社員を辞めて、念願の「好きな時に好きな場所で笑って仲間とご飯を食べる生活」を世界中で送っています*

断捨離で人生を変えたわたしのストーリーはコチラ 

 

どうやって3年間も旅をしながら仕事を作っているの?

旅を仕事にする【はじまりの手紙】を3年間かけて書き上げました!

満足度100%のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

上手くいかなかった時期からいまの海外ノマド生活が出来るようになるまで、これから旅を仕事にしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
節約をしながらお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです^^


Facebookフォローはコチラよりお気軽にどうぞ!

 

あなたへのオススメ記事です 

  

旅を仕事にするにはどんな仕事を選んだらいいの?

『みんな最初から間違える』旅をしながら出来る仕事の選び方という特別コンテンツを、メールマガジンに登録していただいた方にプレゼントさせていただいています。

国内外1000名以上の方にお読みいただいている満足度100%のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録


Facebookフォローはコチラよりお気軽にどうぞ!

  

今日があなたにとって生きていてよかったと思える素敵な一日でありますように。

神谷純平