読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話

「好きな時に好きな場所で笑ってご飯を食べる生活」をテーマに1年のほとんどを海外で旅しています。カバン一つで世界を回る旅人、世界中で仕事を作るよ。夏が好きすぎてだいたい南国生活。

『もう過去には戻れない』エルニドのアイランドホッピングは世界遺産級。値段・現地ツアーの選び方まとめ

エルニド フィリピン 海外情報

f:id:permanentbp:20170123100647j:plain

 

フィリピン最後の秘境エルニド

7000以上の島で国が構成されるフィリピン。その中でも世界遺産に認定されている最後の秘境と言われている島がパラワン島です。

その北部、エルニドという町が今欧米圏で最もホットな町として数多くのメディアに取り上げられています。

今回はそんなエルニドに行ってマリンアクティビティに参加してきたので、現地ツアーの選び方・観光名所をまとめていきます!

 

現地ツアーの値段

エルニドに行ったら必ず参加しておきたいのが、船に乗って秘境の島々を巡るアイランドホッピング。これは現地に着いて、参加したい日の前日、もしくは当日の朝7時〜9時に直接現地ツアーのデスクに行けば申し込むことが可能です。

f:id:permanentbp:20170123100854j:plain

値段は基本的にどこに行っても一律で、値引き交渉などもありません。あるとするならばシュノーケリングのシュノーケルを価格に含めてもらうか否か。
基本的にはツアーの金額の中に含まれているはずですが、トラブル防止のため事前に聞いておくと後々スマートといえます。

 

f:id:permanentbp:20170123100759j:plain

価格は、以下のようになっています。

ツアーA 1200ペソ(約2721円)
ツアーB 1300ペソ(約2948円)
ツアーC 1400ペソ(約3175円)
ツアーD 1200ペソ(約2721円)

f:id:permanentbp:20170123100507j:plain

ワンポイント
ECO TAXという、200ペソで10日間有効な番号が割り振られた入場券が一度参加すると発行されるので二回目以降はその番号が必要になります。

 

どのツアーに必ず行くべき??

出来ればAからDまで全て参加したいこのツアーですが、必ず押さえておきたいのがツアーAです。

f:id:permanentbp:20170123100536j:plain

ツアーAでは、100〜300ペソでこのカヌーを船上でレンタルして船では行けない秘境のラグーンに行くのですが、ここの景色が圧巻です。
ここの景色はツアーA〜Dの中でも最も見所なのでGoproか防水カメラでしっかり撮っておくことをおすすめします。
 


また、ツアー参加時にこういったアクティビティでお金を使うので100ペソ札を5,6枚持っておくと便利です。※特にツアーAでは使う機会が多かったです。

ツアーA以外に行っておきたいのはツアーBとツアーCです。優先順位でいうとツアーA→ツアーC→ツアーB→ツアーDの順番になります。

 

エルニドに必ず行くべき理由

アイランドホッピングはネタバレするとつまらないので、ネタバレがない程度にエルニドのアイランドホッピングの流れと雰囲気をお伝えします! 

f:id:permanentbp:20170123100950j:plain

朝9:30、エルニドの町にあるビーチにツアー会社の指示のもと集まります。結構のんびり人が集まってくるので、人が集まるまでビーチでのんびりと。

f:id:permanentbp:20170123100742j:plain

ひとが集まってきたら船に乗り込みます!そしていよいよ出発! 雄大な自然を身体全体で感じながら船は進みます。
 

f:id:permanentbp:20170123100855j:plain

船はあまり揺れないので船酔いしてしまうひとでも大丈夫です。船酔いする前に島に到着します。それでも気になる人はペットボトルの大きめの水ボトルを買っておきましょう!

f:id:permanentbp:20170123100844j:plain

岩が垂直にそびえ立ちカメラでは収まりきらない白い砂浜のビーチに降りてみたり...
 

f:id:permanentbp:20170123100818j:plain

少し深くなったエメラルドグリーンの海でシュノーケリングをしてみたり、エルニドの海とビーチに軽く触れてから食事です!

f:id:permanentbp:20170123100812j:plain

私たちが海で遊んでいるうちに作ってくれた豪華ランチを船上から持ってきてくれます!南国フルーツに海鮮バーベキューと大満足の顔ぶれ。

f:id:permanentbp:20170123100917j:plain

ロウニンアジの塩焼き!

f:id:permanentbp:20170123100517j:plain

イカのフィリピン煮物!

f:id:permanentbp:20170123100527j:plain

フィリピンといえばのポークベリー!

f:id:permanentbp:20170123100449j:plain

新鮮な貝!

f:id:permanentbp:20170123100320j:plain

このランチを楽しんだ後は、再度アイランドホッピングに戻ることになるのですが、ここからが最高にワクワクするんです。しかしこれ以上は是非ご自身で確かめて欲しいので今回はここまで。

 

 

エルニドへの行き方はもうまとめていますので、是非実際に足を運んで確かめてみてください!セブ島のアイランドホッピングとは比べ物にならないくらいの迫力と満足感です。 

フィリピンに行ったら必ず訪れておきたい、セブ島、ボホール島、ボラカイ島、そしてエルニド・パラワン島をお忘れなく!

f:id:permanentbp:20170123100934j:plain

 

この記事を書いているひと

一年のほとんどを海外で旅しながら仕事をしているJUMPEIといいます。
会社員を辞めて、念願の「好きな時に好きな場所で笑って仲間とご飯を食べる生活」を世界中で送っています*

断捨離で人生を変えたわたしのストーリーはコチラ 

 

どうやって3年間も旅をしながら仕事を作っているの?

旅を仕事にする【はじまりの手紙】を3年間かけて書き上げました!

満足度100%のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

上手くいかなかった時期からいまの海外ノマド生活が出来るようになるまで、これから旅を仕事にしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
節約をしながらお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです^^


Facebookフォローはコチラよりお気軽にどうぞ!

 

あなたへのオススメ記事です 

  

旅を仕事にするにはどんな仕事を選んだらいいの?

『みんな最初から間違える』旅をしながら出来る仕事の選び方という特別コンテンツを、メールマガジンに登録していただいた方にプレゼントさせていただいています。

国内外1000名以上の方にお読みいただいている満足度100%のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録


Facebookフォローはコチラよりお気軽にどうぞ!

  

今日があなたにとって生きていてよかったと思える素敵な一日でありますように。

神谷純平