読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話

「好きな時に好きな場所で笑ってご飯を食べる生活」をテーマに1年のほとんどを海外で旅しています。カバン一つで世界を回る旅人、世界中で仕事を作るよ。夏が好きすぎてだいたい南国生活。

【無料で毎日開催】タイ・バンコクでムエタイショーを観る!世界は遊び倒さなきゃ損だ。場所・行き方まとめ

タイ バンコク

f:id:permanentbp:20161215230230j:plain

 

タイで遊べる意外なスポット

じゅんくんムエタショー行ったことあるん?そう言われてみると、タイでの遊びと言えば結構マニアックなことばかりで行ったことがない。。振り返ってみると、もはや魚釣りをする為にタイに来ているんじゃないかと思うほどでした。


もはや。途中の歯のホワイトニングに関してはよく分からないと思いますが、今でも綺麗な歯の状態を保っていまして結構気に入っています!
改めて、タイの遊び方は本当に幅広いです。

 

タイでムエタイを観たい!

旅を続けてバンコクは特に遊び倒しているつもりでしたが、まだムエタイショーにも行ったことがありませんでした。

という経緯で実際に行ってみたムエタイショー、これが最高に楽しかったです。バンコクの中心街にあるのでアクセスも良くお薦めできそうなので今日はタイのムエタイショーの行き方についてまとめていきます。

f:id:permanentbp:20161215225833j:plain

まずこのムエタイショーなのですが、少し変わった場所にあります。GOGOバーというワードを聞いたことがありますか??タイの若い女の子や半分男の子がステージで踊っているBARのことを指すのですが、毎晩11時になるとムエタイリングが出てくる一風変わった場所があるのです。


基本的に定休日というものはなく、ほぼ毎日ムエタイショーが繰り広げられるこのBAR。普段女性が入ることが出来ないGOGOバーもこの時ばかりは入ることが出来るので、女性の場合はムエタイ待ちという理由をつけて22:30頃に来てGOGOバーの雰囲気を楽しむのもいいかもしれません。

f:id:permanentbp:20161215225755j:plain

大体22:58頃になると、準備が始まります。突貫工事のようであっという間に出来上がるリング。

f:id:permanentbp:20161215225841j:plain

GOGOバーに興味が無ければ大体このリングを組み立てている頃に来ると丁度いいです。
席に座るとドリンクを注文するように言われますので、一杯だけでいいので頼んでください。ビールが一杯で140バーツ(約420円)ほどです。アルコールが苦手な方はコーラなどのソフトドリンクもあります。

試合が終わると男性客の場合は女性を隣に付けてこようとするので、試合が終わった後にすぐに出れるようにこのタイミングで支払っておくとスマートです。

f:id:permanentbp:20161215225820j:plain

このムエタイショー、場所が場所なのでクオリティーが低いかと思えば全然そんなことはなく、かなり本格的です。この近距離でプロのムエタイ選手がぶつかり合う姿が観れるとは穴場中の穴場だと思います。

空中で足技が舞ったかと思えばパンチが入ったり、体格の良い大人が吹き飛んだりと、想像も出来ない試合展開が繰り広げられました。

f:id:permanentbp:20161215225840j:plain

試合を観ていると、試合よりももっと気になる人が前を通ったり刺激的な場所です。
かといって危険な場所ではありませんが、間違ってもお店の前にいる客引きに声をかけられても会話をしないことです。後々トラブル可能性が高いのでうまくすり抜けましょう。

 

場所・営業時間

最寄り駅: BTSサラデーン駅、MRTシーロム駅
営業時間: 23:00〜23:30
店名: ピンクパンサー
電話番号: +66 86 675 5662
Web: The Pink Panther Bngkok Patpong Main
住所: 37/4 Patpong Soi2, Suriwongse Rd., Bangkok 10500

f:id:permanentbp:20161216004449j:plain

BTSサラデーン駅から徒歩8分になります。駅を降りるとThaniyaロードがすぐ側にあるので、Thaniyaロードを通ってつき当たりを左折し、Thanon Surawongという大通りを真っ直ぐ行ってください。左手にこのブログに出てくる看板があります。

 

バンコクでムエタイショーを観てみて

どれだけ旅をしていても出逢ったことのない世界観や空間はやはり楽しいものです。
世界に出たならば遊び倒さなきゃ損。一度きりの人生、好きで生きてる?? を問うには良い場所でした!

 

この記事を書いているひと

一年のほとんどを海外で旅しながら仕事をしているJUMPEIといいます。
会社員を辞めて、念願の「好きな時に好きな場所で笑って仲間とご飯を食べる生活」を世界中で送っています*

断捨離で人生を変えたわたしのストーリーはコチラ 

 

どうやって3年間も旅をしながら仕事を作っているの?

旅を仕事にする【はじまりの手紙】を3年間かけて書き上げました!

満足度100%のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

上手くいかなかった時期からいまの海外ノマド生活が出来るようになるまで、これから旅を仕事にしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
節約をしながらお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです^^


Facebookフォローはコチラよりお気軽にどうぞ!

 

あなたへのオススメ記事です 

  

旅を仕事にするにはどんな仕事を選んだらいいの?

『みんな最初から間違える』旅をしながら出来る仕事の選び方という特別コンテンツを、メールマガジンに登録していただいた方にプレゼントさせていただいています。

国内外1000名以上の方にお読みいただいている満足度100%のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録


Facebookフォローはコチラよりお気軽にどうぞ!

  

今日があなたにとって生きていてよかったと思える素敵な一日でありますように。

神谷純平