断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話

「好きな時に好きな場所で笑ってご飯を食べる生活」をテーマに1年のほとんどを海外で旅しています。カバン一つで世界を回る旅人、世界中で仕事を作るよ。夏が好きすぎてだいたい南国生活。

【ラオスで高レート両替はアジア1特殊】 一番高還元でレートが良い両替所はここ!日本円・タイバーツ・米ドルをラオスキープに最も効率良く替えるコツ。

f:id:permanentbp:20161212094741j:plain

 

ラオスで、高レートで両替するために

旅をはじめて3度目のラオスは30日間有効のアライバルビザを取得したので、年始1月6日まで28日間の長期滞在をしようと思っています。

長期滞在で気になるのはやはり両替です!
前回2度目の滞在でラオスの両替システムは他国と異なることに気づいて、改めて今回で確信したことがあったのでまとめていきたいと思います。

 

ラオスで使える通貨の種類

まずはじめに、首都ヴィエンチャンでは両替をしなくても使える通貨が、ラオスキープの他に2種類あります。それがタイバーツと米ドルです。
コンビニで早見表があるくらい普通に使用出来て、マッサージ店、飲食店など基本的にどこでも使えます。

f:id:permanentbp:20161212094814j:plain

 

なぜこの2通貨がラオスで使えるか

タイバーツが使える理由は国境が隣接しているタイが、ラオスにとって身近なことが一つの理由としてあげられます。

ラオス人はラオ語という言語を話しますが、映画やドラマなどはタイのものを観ていて、タイ語を話す事が出来るほどタイはラオスの人々にとって一般的です。

そして米ドルが使えるのは世界の基軸通貨として信用度が高いことが理由としてあげられると思います。

f:id:permanentbp:20161212111018p:plain

※出典 IMF(Currency Composition of Official Foreign Exchange Reserves)

世界の外貨準備通貨の割合を見て分かるように、世界の通貨は基本的に米ドル、ユーロ、ポンド、円で構成されています。
その中でも米ドルはとても主要な通貨なのでラオスに限らず使える国が多いです。
米ドルすごい。

 

コンビニで外貨を使うと損をする?

さて、ここからが本題の両替の話です。まずは先ほどのレジに貼られていた両替レートを拡大してみてみましょう!

f:id:permanentbp:20161212105804j:plain

2016年8月からレートが変わっていないにまずは注目ですが、アジアで言うとカンボジアとラオスは世界の公式なレートを無視する傾向にあります。
おそらくあまり気にしていないだけだと思うのですが、これが一つのポイントです。


例えばレートがどれだけズレているかと言うと、この画像を見る限りこのコンビニでは1バーツが230キープの価値があることが分かります。

当日の公式レートは以下の通り。

f:id:permanentbp:20161212113919j:plain

1バーツが229キープの価値しかありません。お客さんが損をするどころかお店が少し損をしてます。(お店の人しっかりして!)

そして米ドルのレートですが、1ドル8000キープと書いています。2016年8月のレートでトランプ相場前のドルが弱い時点のレートなので、どうなるかは想像出来ます。

f:id:permanentbp:20161212113910j:plain

本当は1ドル8179キープの価値があるのに8000キープの価値にしかなりません。
これはお店が得をして米ドルで支払ったお客さんは損をするパターンです。

 

支払いは現地通貨よりもタイバーツがお得

このように首都ヴィエンチャンでは空港を除いてタイバーツで支払いをすると得をする場合が多いです。

※これは首都ヴィエンチャンだけの話で、他の地方都市はそもそもの通貨の流通量が異なるのでキープが最も強いです。ヴァンヴィエンやルアンパバーンに行く場合は事前に以下に書く方法での両替をおすすめします。

 

ヴィエンチャンで最もレートの良い両替所

様々な両替所を回って思うのは、日本も外国も同じですが銀行系の両替所はあまりレートが変わりません。ラオスに限っては空港のレートも街のレートも銀行系であれば全く同じです。

f:id:permanentbp:20161212094742j:plain

しかし1つ特殊なのが、やはりタイバーツが銀行のレートでも強いことです。この銀行に関しては1バーツ231.31キープ。

f:id:permanentbp:20161212094702j:plain

何度も言いますが公式レートよりもレートがいいです。
ちなみに日本円の場合はと言いますと1円で69.88キープです。

f:id:permanentbp:20161212113915j:plain

公式レートは1円で70.886キープなので少し悪くなりますが誤差の範囲かと思います。実際両替は短期滞在で10万円以下の両替であれば、数字で見る限り空港で十分と言えます。

でも日本円で高額両替をするんだ!という場合は注意点がありますがレートの良い私設の両替所があります。それが、この私設両替所です。

f:id:permanentbp:20161212094729j:plain

まずはどれくらいレートが違うか見ていきたいと思います。

f:id:permanentbp:20161212094743j:plain

1円で70キープです。本当に誤差なので10万円以上の両替の際にやっと差が出るほどです。そして一点だけ気をつけないといけないのが、破れているお札は使えない場合があるので全て確認の上受け取ってください。

 

場所をMapで確認する

この両替所は首都ヴィエンチャンで最も栄えているメコン川沿いの地域にあります。

f:id:permanentbp:20161212094737j:plain

Wat Mixaiの近くなのでGoogle MapsでWat Mixaiを探していただけると、すぐその先に両替所を見つけることが出来ます。

f:id:permanentbp:20161212094733j:plain

赤で印を付けいてる場所が両替所です。大きくEXCHANGEと書いてあります。

 

まとめ

・10万円以下の両替であれば空港で両替してOK。
・タイからラオスに行く場合は事前にタイバーツに両替をしておくのがベスト。
・私設両替所を使う場合は紙幣が破れていないか確認が必要。
・タイバーツ最強説

これらのポイントをおさえておくと便利かと思います。
以上、ラオスでの高レート両替はアジア1特殊な話でした。^^

2016.12.18追記
地方都市のヴァンヴィエンの両替所に足を運びました!まさかの2015年からレートが更新されていない??

f:id:permanentbp:20161218112442j:plain

やはりレートは悪く日本円10,000円で650,000キープと首都ヴィエンチャンと大きな差があります。

2017.1.19追記
世界遺産の町ルアンパバーンの両替所に足を運びました!なんと両替所にSIM CARDも売っていました。

f:id:permanentbp:20170119231753j:plain

肝心の両替レートは以下のとおりで日本円10,000円で670,000キープと首都ヴィエンチャンには劣ります。

f:id:permanentbp:20170119231811j:plain

両替は首都に着いた時点でしておくことをおすすめいたします!

2017.6.19追記
首都ビエンチャンでタイバーツ→ラオスキープに両替して、ヴァンヴィエンでラオスキープ→米ドルに両替すると通貨を替えるだけでお金が増えることが分かりました。

国に産業が無く生活品をタイからの輸入に頼っているラオスのタイバーツへの需要の高さと、旅行者が置いていく米ドルの需要の低さがこのような現象を起こしているようです。

f:id:permanentbp:20170620020438j:plain

 

この記事を書いているひと

一年のほとんどを海外で旅しながら仕事をしているJUMPEIといいます。
会社員を辞めて、念願の「好きな時に好きな場所で笑って仲間とご飯を食べる生活」を世界中で送っています*

断捨離で人生を変えたわたしのストーリーはコチラ 

 

どうやって3年間も旅をしながら仕事を作っているの?

旅を仕事にする【はじまりの手紙】を3年間かけて書き上げました!

満足度100%のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

上手くいかなかった時期からいまの海外ノマド生活が出来るようになるまで、これから旅を仕事にしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
節約をしながらお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです^^


Facebookフォローはコチラよりお気軽にどうぞ!

 

あなたへのオススメ記事です 

  

今日があなたにとって生きていてよかったと思える素敵な一日でありますように。

神谷純平