断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話

「好きな時に好きな場所で笑ってご飯を食べる生活」をテーマに1年のほとんどを海外で旅しています。カバン一つで世界を回る旅人、世界中で仕事を作るよ。夏が好きすぎてだいたい南国生活。

【完全保存版】タイ・チェンマイでルアーもエサも揃う釣具屋はここだ!釣り具を手に入れて魚釣りを楽しむ準備をしよう。

f:id:permanentbp:20161113011219j:plain

 

チェンマイで魚釣りをする

タイの北部チェンマイに来てまで釣りをしようと思っている人はあまり居ないのかもしれませんが、これが実際に行ってみたら最高に楽しかったです!


チェンマイで170cmの魚をナイロン3号で釣っていて、これはPEラインを買わなければ次回は持たないと思ったため、釣具屋を探すことにしました。
※ナイロン3号というと負荷5.4kgで切れる強度です。

しかし、オンライン上で日本語で検索しても見事に情報がありません。そこで英語とタイ語で検索をかけて、実際に現地に足を運んで情報を調べてきたのでここでシェアしたいと思っています。

 

チェンマイで1番の大型店舗

一通り調べ上げた結果挙がってきたのが、ร้าน เอ็ม.เค.ฟิชชิ่งでした。読み方が分からないというツッコミは一度流していただきたいのですが、ここの品揃えが最高に良かったです。場所もチェンマイ市内のほぼ中心部に位置している為行きやすかったです!

f:id:permanentbp:20161113011213j:plain

餌からルアーまで揃わないものはないのではないかと思うほどの品揃え。なんと、エサ釣り用に養殖のミミズまで売っています。20バーツ(約60円)

f:id:permanentbp:20161113011204j:plain

エサを見てて面白いなと思ったのがこれ!釣れる魚がテラピアとナマズ以外分からないんです。練り餌でしょうか??海外のスーパーマーケットを見て歩くのも楽しいですが、釣具店も国によって置いてあるものが全然ちがうのでワクワクします。

f:id:permanentbp:20161113011148j:plain

ルアーも基本のスプーン・スピナーから日本で見ることの出来ないアメリカ製のルアーまで扱っています。ブラックバス用のラインもありました!お値段も日本製でないものは比較的安かったです。タイ人のローカルのお店といったイメージです。

タイ人の金銭感覚が理解出来るようになるにはまずは月給がわかりやすいと思います。
大体首都バンコクで日本語を話せるタイ人の月給が15000バーツ(約45000円)〜なので、チェンマイだと10000バーツ(約30000円)ほどではないのでしょうか。

f:id:permanentbp:20161113011237j:plain

あともう一つ面白いと思ったのがこのワイヤー。アリゲーターガーの絵が描かれていますが、歯が鋭い魚用のワイヤーで作られたリーダーです。一つ約30円。アリゲーターガーに限らず、タイに生息する幻想的なパープル色の魚チャドーもラインを噛み切るのであると便利です!


f:id:permanentbp:20161113011303j:plain

メコンオオナマズでも上がりそうな強靱なロッドがなんと290バーツ(約900円)。僕は極力荷物を増やしたくないですが、これはかなり買いです。

f:id:permanentbp:20161113011302j:plain

 

この記事に書いたフィッシングパークは、自分の釣竿があれば通いやすいです!帰りは必要なければ誰かに譲ってもいいかと思います。

 

僕が探していたPEラインもこの品揃え!日本製が高く台湾製が安かったです。

f:id:permanentbp:20161113011324j:plain

今回僕はPRO HUNTERを購入!PEの4号なので、これで釣れない魚は基本的にいないと思います。
ここにもローカル色が出ていてメコンオオナマズ用のラインが売っていました!ワクワク。

  

ここまでの行き方

釣具屋さんは地元のドライバーでも釣り好きでないと知りません。スマホで目的地を事前に入力出来るグラブタクシー・UBERがオススメです。
もしくは、電話番号を記載しているのでこの電話番号をドライバーに伝えるといいと思います。トゥクトゥクで行く場合、市内からであれば上限100バーツでOKです。150バーツを超えると少し高いかなあと思います。
 

営業時間・場所

住所: 234/14, ถนนวัวลาย, ตำบลหายยา อำเภอเมือง จังหวัดเชียงใหม่, 50100 50100
電話番号: 053-275-779
営業時間: 8:00〜21:00
定休日: 日曜日

 

この世界をもっともっと楽しみたい!

世界には僕らがまだ出逢ったことのない魚・景色・人がいます。生きている間にまだまだ出逢いたい。もっとこの世界を楽しみたい。
あっという間に3年間の旅が終わりましたが4年目も探究心をもって世界を旅していきます!

f:id:permanentbp:20160913100735j:plain

 

この記事を書いているひと

一年のほとんどを海外で旅しながら仕事をしているJUMPEIといいます。
会社員を辞めて、念願の「好きな時に好きな場所で笑って仲間とご飯を食べる生活」を世界中で送っています*

断捨離で人生を変えたわたしのストーリーはコチラ 

 

どうやって3年間も旅をしながら仕事を作っているの?

旅を仕事にする【はじまりの手紙】を3年間かけて書き上げました!

満足度100%のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

上手くいかなかった時期からいまの海外ノマド生活が出来るようになるまで、これから旅を仕事にしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
節約をしながらお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです^^


Facebookフォローはコチラよりお気軽にどうぞ!

 

あなたへのオススメ記事です 

   

今日があなたにとって生きていてよかったと思える素敵な一日でありますように。

神谷純平