断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話

台湾人の友人と「好きな時に好きな場所で笑ってご飯を食べたい」と思いスタートした、世界を旅するライフスタイルも5年目。 国内外の会社経営をしながら、一年のほとんどを海外で旅しています。

【コラム】未来は頭の中ですでに出来上がっているものなのかもしれない。

 

f:id:permanentbp:20160807012258j:plain


ヨーロッパ、東京を経てタイのバンコクにやってきました。

さっそくこの安定の南国の世界をチャンビールを飲みながら堪能したいと思っています。

ビール!といえば、タイには有名なビールが三つあります。

一つがシンハービール。
日本でもアジアレストランや世界のビールを扱ったBARに置いてあるタイを代表とするビールですね。
タイの龍が描かれたパッケージです。


そして、チャンビール。
これが飲みやすくて水のように飲めるイメージで僕はよく飲みます。
象が描かれたパッケージでグリーンの瓶に入っています。

そして、LEO(レオ)ビール。
アルコール度数が高く、安く酔いたいひとに好まれますが味もなかなかです。
ヒョウが描かれたパッケージです。

ちなみにタイ語でレオは「早く!」と「下品」という意味があります。
発音が難しく、うかつにタイ語でレオ!(急いで!)というと

「なにが下品や!」と笑顔で言い返されますのでご注意ください。


このブログを読んでいるあなたも、いつかタイで一緒に乾杯しましょうね^^



━━━━━━━━━━━━━━━━━━

でも、そんなことは出来ない??
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


先月ヨーロッパを旅していた時、
多くの旅人と関わる機会がありました。

ヨーロッパ周遊をしているひとが多くて
どこを回って来たの??という会話が普段よりも多かったです。

僕は「これからヨーロッパを回るという話」
しかしていなかったのですが、

「来月はなにしてるの??」

と聞かれて、タイとセブ島に行くよ!といったところで、できるだけ話さないようにしている話になってしまいました。

どうやって稼いでいるかという話です。

僕はこういった時はこのように答えることが多いです。

「何もできないけど出来る方法を考えてじぶんで仕事をつくる努力をしている」

そうすると、必ず返って来る言葉が、

、、、、、、、、、、、、、、、、、、


「私には出来ない」なんです。


反射のように出てくるこの言葉。

 

これは言葉の通りで
出来ないと言うと、、、もう出来ません。


僕の経験上、本来出来ると思うことはその時点の想像の範囲内で"出来ます"。

何故ならばそんな出来ないような、とんでも無いことを考えるほど僕の頭は優秀では無いからです。

しっかりと行動をすれば、その時点の思考範囲で3ヶ月後の未来に反映されます。

間違えてはいけないのは、「方法を知らない」と「出来ない」は別ものだということ。

ちょっと昔に「思考は現実化する」なんて言葉が流行りましたよね。

みんな「思考は現実化する」と、どや顔で言っててちょっと苦手な言葉だなあと思っていました。

でも僕が今、現実化してて思うのは、
「思考は想像できる範囲で現実化する」ということです。


だから、僕とビールを飲みたいかはさておき、
どういう姿で飲みたいか。 


綺麗な格好をしているのか。

どんな靴を履いているのか。

どんな爪先なのか。

好きなことについて語り合っているのか。

ビジネスについて語り合っているのか。

恋愛について語り合っているのか。

未来について語り合っているのか。

また、いまと変わらない状態で会うのか。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

より具体的にぜひ想像してみてください。

良くも悪くも思った通りになると思います。

いままでの人生を振り返ってみると分かると思うのですが、


不安も

自信も

勇気も

選択も


ぜんぶ自分の思い通りになっているはずです。


あなたならば、出来る。

 

この記事を書いているひと

一年のほとんどを海外で旅しながら仕事をしているJUMPEIといいます。
会社員を辞めて、念願の「好きな時に好きな場所で笑って仲間とご飯を食べる生活」を世界中で送っています*

断捨離で人生を変えたわたしのストーリーはコチラ 

 

どうやって3年間も旅をしながら仕事を作っているの?

旅を仕事にする【はじまりの手紙】を3年間かけて書き上げました!

満足度100%のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

上手くいかなかった時期からいまの海外ノマド生活が出来るようになるまで、これから旅を仕事にしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
節約をしながらお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです^^


Facebookフォローはコチラよりお気軽にどうぞ!

 

あなたへのオススメ記事です 

    

今日があなたにとって生きていてよかったと思える素敵な一日でありますように。

神谷純平