断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話

台湾人の友人と「好きな時に好きな場所で笑ってご飯を食べたい」と思いスタートした、世界を旅するライフスタイルも5年目。 国内外の会社経営をしながら、一年のほとんどを海外で旅しています。

セブ島で運転免許証を取得!オーストラリアでも使える国際免許?


年間3分の2
を海外で旅するJUMPEIです!断捨離からのノマド生活という流れで、今月はセブ島にいます。ひととの出逢いが積み重なり、たった数年でわたしの人生は大きく動き始めました。今日もまた出逢えたひとに感謝です。

 

f:id:permanentbp:20151008233215j:plain

 

フィリピンで運転免許証の切り替え

所要期間4日間。今回の旅の1つの目標でもあったフィリピン政府公式のライセンスを取得してきました。

国際免許を持っていないのに、何故かいまフィリピンの運転免許証を持っています!これでボホール島をバイクで走りまわれるかと思うとワクワクが止まりません。

 

オーストラリアでも使える?フィリピンの運転免許証

f:id:permanentbp:20151008234425p:plain

引用:

https://en.wikipedia.org/wiki/Driving_license_in_the_Philippines

タイの運転免許証がASEAN諸国であれば国際免許証代わりになるとインターネットで見つけて、『フィリピンはどうなんだろうか?』と、検索をかけてみました。こういう時は圧倒的に英語がはやいです。ちなみに英語の習得法は圧倒的に◯◯がはやいです。

Wikipediaによりますと、

2010年4月16日フィリピン政府とスペイン政府間で、フィリピン国籍を持つものがスペインでフィリピンの免許証を使うことに賛成することについて合意された。そのドライバーライセンスは同様に、オーストラリアで使用可能。(車線は逆)しかしながら、車を借りる時は21歳を超えていなければならない。

Wikipediaなので真偽は不明です。ただ、もしここに書かれていることが真実であれば今後フィリピン留学→オーストラリアワーキングホリデーを考えているひとに朗報です。

 

フィリピン及びタイの免許証は3ヶ月間の滞在後、日本の免許証に切り替え可能

セブ島に留学しに来たついでに『ダイビングライセンスが安いから取ってしまおう!』というひとがいますが、『ドライビングライセンスも安いから取ってしまおう!』が、出来てしまいます。

その場合、今回の案件。既存の日本免許からフィリピンの免許に変更とは逆なので、もちろんフィリピンで試験があるのですが、フィリピンの免許取得が完全にフリーで、答えが横に書いてある。。

本人確認書類としてだけのペーパードライバーが多い日本ですと、アリだと思います。※がっつり運転する場合は絶対におすすめしません。

 

いくらかかるの??

英文翻訳850ペソ

メディカルチェック100ペソ

ドラッグテスト300ペソ

免許取得費用617.63ペソ

合計:1863ペソ(4798円)

 

実際に取得したアップデート情報

・メディカルチェックの看板が綺麗になっていました!
・レシートは捨てずに必ず保管して下さい。偽物ではない証拠になります。

・営業時間8:00~17:00(15:00には免許の発行枚数が上限になります)

 

海外情報、起業情報、ノマドになる方法はメールマガジンで配信しています。

 

このブログを書いているひと
年間3分の2を海外で旅しながら仕事をしているJUMPEIといいます。 会社員を辞めて、念願の「好きな時に好きな場所で笑って仲間とご飯を食べる生活」を世界中で送っています*

オンラインで仕事をしているわたしのストーリーはコチラ

storys.jp

 

この話、面白かったです!

storys.jp