読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話

「好きな時に好きな場所で笑ってご飯を食べる生活」をテーマに1年のほとんどを海外で旅しています。カバン一つで世界を回る旅人、世界中で仕事を作るよ。夏が好きすぎてだいたい南国生活。

【コラム】大切なお知らせ・タイ語の先生と真剣なお付き合いを始めました。

コラム

f:id:permanentbp:20170214041222j:plain



こんにちは!神谷です。


世界最後の秘境パラワン島を後にしまして、
タイのバンコクに来ています。


工場に400個オーダーしていたアパレル製品を
確認しに行ったら300個不良品だったり
その工場が突然閉鎖したり


ここだけ切り取って話したら大変そうに
聞こえますが


実際はそうでもなく、2017年の挑戦として、
タイ語を学び南国ライフを満喫しています!


挑戦と言いましたが気負いは全くなくて、


話すのが楽しく、英語を使わず、タイ語で

日常会話するようにしています。


普段耳に入るタイ語は日本人にあまり馴染みがないと思うので、一つフレーズを紹介しますと


サターニー トーパーイ アソーク 
Next station is Asok


タイを旅していると電車内でこんなアナウンスを聞くことがあります。


サターニー=駅
トーパーイ=次 
アソーク=駅名


アラビア文字のようにふにゃふにゃしていて
一見難しく思えるタイ語ですが


このような感じでシンプルにカタカナ言葉を 
並べて成り立つのがタイ語です。


文法は中国語と同じだと言われていて、 タイ語を覚えたら中国語の文法も学べるので一石二鳥ですね!

 

言葉を知ることは文化を知ること

タイに来て現地の言葉を学んでいると、
日本のあることを思い出しました。


以前、六本木で外国人のお客さんの英語対応をしていた頃の話です。



様々な国の人と、出逢い話し、肌で感じたのは、


日本語を話す外国人は性格もどこか日本的で

英語だけ話す外国人は日本に住んでいても、

やっぱり外国人だということ。


住む国の言葉を理解しようとしてやっと
その国の文化と相手の気持ちが見える。


これはタイでも同じようです。


例えば、文化の話でいうと、、


男性陣からするとバンコクは象よりお寺より
やっぱり夜の街。
セクシーな女の子たちとお酒を飲んで、、、!


と、どこかでそんなイメージがあるかもしれませんが


というより、私も少し勘違いしていたのですが
実はタイ人女性って、


夜のお仕事や海外に出ているひと以外は、
一年に数回のお祝い事以外
お酒を飲まないんです。


お酒を飲んで酔っ払っているのが、
みっともないと社会的に
思われていて


肌を露出しておしゃれに見えるタイ人女性も
実はお堅い人ばかりだったりします。


ちなみに日本語を話さないアジア人男性は、
日本の女の子は一般的にAV出演している
と思っていて、


最初は、え?!と思いましたが、


今となってはどっちもどっちだなあという
印象です。


話の分かる人から教わると成長は早い

このようにタイ人と『タイ語の勉学という真剣なお付き合い』を始めて、タイ語だけでなく改めて文化も学んでいるのですが、


先生はフリーランスの女性にお願いしています。


『真面目で優しい女の子という印象』
https://twitter.com/jumpeinomad/status/829694719953235969


アクセサリーを作り人を集めたり
歌手としてステージに上がったり
翻訳をしたり
レストランでシェフをしたり
ひとり旅で海外に行ったり


『すぐに飽きちゃうの』(先生談)


とにかく好きなことだけやって毎日を生きている女の子に習っていまして、、


いろんな視点を持っているだけあって、この子の授業は学校の先生よりも分かりやすいです。


私は学校に行ったら、「前置詞や形容詞」など形式的で専門的な話から教えられて


この先生は結局なにを言いたいんだろう?
となるタイプなのですが


この先生は、仕事として、ただ一方的に情報として教えているんじゃなくて要点を教えてくれます。


そのおかげで今回は文法もフレーズも全て理解して、使うことが出来ています。


そもそも言葉っていうのは自然に覚えるものなので、難しく前置詞とか言わなくてもいいはずなんです。


そういう意味で専門知識にお金を払うのは
勿体なくて、


自分の言葉で教えてくれる彼女は、
私にとって特別な人です。


特別というのは、『この人の言ってることは理解できる=感覚が近い。』という意味です。


今まで私はそういう人に出逢い学び成長して来たので、このご縁は大切にしたいと思っています。


自由に使える大切な時間を持つこと

今月は多くの時間をタイ語の学習に費やしているのですが、


旅をしながら言語を学ぶ時間を作るとなると、ただ、世界中のどこでも出来る仕事をしていればいいという訳ではありません。


取引先がいればスケジュールを調節する必要がありますし、ホテル暮らしで掃除も洗濯も外注しているといえど、時間は有限です。


その中で突然アパレル製品を作っている工場が閉鎖されたら忙しくする必要があるかもしれませんが、実際はそうでもありません。


これは一連の仕事を仕組みとして作り、修正と成長に時間をかけることで、出来ています。


今回の工場閉鎖の件もその仕組みの壊れた
部分を直してあげればいいだけです。


具体的な概要の話になりますと、


先日『これからメルマガを新規登録してくれる方に向けて』タイ語の先生のように要点を限定記事でまとめてみたのですが、


これは2年間かけて作り上げた
私の仕事の仕組みです。


もしかしたら常識外れで理解できないことを書いているかもしれませんが、2年後にはこれが当たり前になる気がしています。


最後までお読みいただきましてありがとうございました^  ^



今日も素敵な1日を過ごしていきましょう!


神谷純平

 

 

『みんな最初から間違える』旅をしながら出来る仕事の選び方という特別コンテンツを、メールマガジンに登録していただいた方にプレゼントさせていただいています。

 

 

この記事を書いているひと

一年のほとんどを海外で旅しながら仕事をしているJUMPEIといいます。
会社員を辞めて、念願の「好きな時に好きな場所で笑って仲間とご飯を食べる生活」を世界中で送っています*

断捨離で人生を変えたわたしのストーリーはコチラ 

 

どうやって3年間も旅をしながら仕事を作っているの?

旅を仕事にする【はじまりの手紙】を3年間かけて書き上げました!

満足度100%のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

上手くいかなかった時期からいまの海外ノマド生活が出来るようになるまで、これから旅を仕事にしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
節約をしながらお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです^^


Facebookフォローはコチラよりお気軽にどうぞ!

 

あなたへのオススメ記事です 

 

旅を仕事にするにはどんな仕事を選んだらいいの?

『みんな最初から間違える』旅をしながら出来る仕事の選び方という特別コンテンツを、メールマガジンに登録していただいた方にプレゼントさせていただいています。

国内外1000名以上の方にお読みいただいている満足度100%のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録


Facebookフォローはコチラよりお気軽にどうぞ!

  

今日があなたにとって生きていてよかったと思える素敵な一日でありますように。

神谷純平