読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話

「好きな時に好きな場所で笑ってご飯を食べる生活」をテーマに1年のほとんどを海外で旅しています。カバン一つで世界を回る旅人、世界中で仕事を作るよ。夏が好きすぎてだいたい南国生活。

セブ島でSIMフリーのiPhone7を買える場所を見つけたので、フィリピンのアップルストアに行って来た話。

セブ島 フィリピン ライフハック 海外情報

f:id:permanentbp:20170119193006j:plain

 

iPhone7 SIMフリーを求めて

だいたい年に2回くらいのペースでセブ島を訪れているのですが、来るたびにセブ島の発展スピードに驚かされているここ1年です。特に電波に関してはGlobeのLTEの安定感が素晴らしく、最大手SMARTを差し置いて一気に伸びている印象を受けます。

海外で旅をしたり暮らすのに必須と言えるモバイル事情。仕事用にもう一台iPhone7が欲しかったので、今回はタイのバンコクに続きましてここフィリピン・セブ島でもiPhoneを買いに行くことにしました!

 


iPhoneと言えばApple Storeですが、アジア圏ではアップルストアが意外と少なくフィリピンも例外ではありません。しかし前回の記事でまとめたように国ごとに純正の製品を扱っているプレミアムセラーと言われるお店がありますので、今回はフィリピンのプレミアムセラーを訪れました。


タイだとiStudio、台湾だとSTUDIO Aですが、これがフィリピンになるとiStoreと言います。すべて全く異なる会社ですが、どこも純正品のアクセサリーを売っていますのでMacbookの充電器が壊れて純正品を探しているひとはAyala mallに入っているこのストアに来たらOKです。

 

f:id:permanentbp:20170119193021j:plain

気になるiPhone7ですが、iPhone6が出た頃はフィリピンではすぐに在庫が無かったのですが、フィリピン時間もだいぶ緩和されて2017年1月現在でAyala MallのiStoreにiPhone7の在庫が十分にある状態です。

f:id:permanentbp:20170119192957j:plain

店員さん曰くフィリピンのモデルではなくシンガポールから持ってきているそう。箱の印字はシンガポールになっています。

今までSIMフリーのiPhoneを買った国だとタイ、香港、台湾、そしてシンガポールは全てその国と地域が書かれていたのでフィリピンは異色です。

f:id:permanentbp:20170119193037j:plain

少しマニアックな話、売っている機種はA1778版なのでUSモデルになります。要は周波数帯が異なります。


iPhone7は基本的に世界中で使えてあまり関係ありませんがご参考までに。
※iPhone7以前のモデルは渡航地域によってモデルを見て買うことをおすすめします。
 

f:id:permanentbp:20170119193036j:plain

 

フィリピンで買うといくらする?

気になる値段は256GBで51990ペソ、日本円に換算すると119,134円です。

参考までにタイだと97,545円、日本だと税込で102,384円、香港の場合だと96,267円。なんとタイよりも20,000円割高ですね。


セブ島では免税が無く電化製品の関税が高いことが要因でiPhone7はおそらくアジア圏で最も高い高級品になってしまっています。

ということで、今回はパスしまして来月タイで買うことにしました。

 

しかしSIMフリーを買う

iPhone7は来月に買う予定ですが、ここセブ島ではiPhone7を見た帰りにAyala mallでスマホを買ってみました!フィリピンのブランドでmy phoneというAndroidのスマートフォンです。

f:id:permanentbp:20170119193025j:plain

ここセブ島では10,000円あれば高機能のスマホが買えるので、iPhoneにこだわらずにAndroidという選択肢もオススメです。

 

f:id:permanentbp:20170119193029j:plain

 

フィリピンでスマホは高級品だった

しかし10,000円以下で買えるスマートフォンもフィリピン人にとっては高級品です。

このmy phoneは丁度わたしが誕生日の日に買ったので、ご縁のおすそ分けということでマッサージ屋の仲の良いセラピストにプレゼントしました。お母さんが病気で弟が16歳で全家族を支える21歳です。

昨年の9月からスマホが欲しいけど、でも母親の糖尿病を治すのが先だって言って20歳から12月に一つ歳を重ねてもスマホを持てなかったんです。そしたら働きすぎて昨日は途中で病院に運ばれて、病院代も出してあげることに。

心優しい人が好きすぎてついつい甘くなりがちですが、フィリピンも日本で働くのと同じで、仕組みを作る側にならないと大切な人さえ守れない。

これを機会に外国人向けに仕事の作り方のメルマガを作らなければと思っています。
もっともっと可能性を生み出せる人にならなきゃ。

 

場所・行き方

Ayala mall
住所: Cebu Business Park, Archbishop Reyes Avenue, Cebu City
電話番号: +63 32 233 1310 (iStore) 

セブ島のタクシードライバーでAyala mallを知らない人はまずいないので、タクシーでAyala mall pleaseと伝えてください。

この記事を書いているひと

一年のほとんどを海外で旅しながら仕事をしているJUMPEIといいます。
会社員を辞めて、念願の「好きな時に好きな場所で笑って仲間とご飯を食べる生活」を世界中で送っています*

断捨離で人生を変えたわたしのストーリーはコチラ 

 

どうやって3年間も旅をしながら仕事を作っているの?

旅を仕事にする【はじまりの手紙】を3年間かけて書き上げました!

満足度100%のメルマガのご登録はこちらより簡単にできます。

JUMPEI公式メールマガジン 読者登録

上手くいかなかった時期からいまの海外ノマド生活が出来るようになるまで、これから旅を仕事にしたいひとにとって有益な情報を詰め込んでいます。
節約をしながらお金を貯めて旅をする生活をやめたいひとは、読んで損なしです^^


Facebookフォローはコチラよりお気軽にどうぞ!

 

あなたへのオススメ記事です 

  

今日があなたにとって生きていてよかったと思える素敵な一日でありますように。

神谷純平